秦野市の中小企業・商店向けIT導入支援、キャッシュレス・消費者還元事業、クレジット決済、QRコード決済の事ならベストパートナーにお任せ下さい!!
お気軽にお問い合わせください。
TEL:0463-84-0190
受付時間10:00~17:00(土・日・祝日除く)
公開日:2023年5月6日
最終更新日:2023年7月1日

 この記事は約 2 分で読めます。

現在、注目を集めている生成AIは以下の3つになります。

GPT-4、Bard、Bingは、いずれも大規模な言語モデル(LLM)であり、テキストを生成したり、言語を翻訳したり、さまざまな種類のクリエイティブ コンテンツを作成したりするなど、さまざまなタスクを実行することができます。ただし、それぞれの長所と短所は異なります。

「GPT-4」 は、OpenAI によって開発された LLM です。テキストの生成、言語の翻訳、さまざまな種類のクリエイティブ コンテンツの作成など、さまざまなタスクに使用することができます。ただし、まだ開発中であり、誤った情報を生成する可能性があるという欠点があります。

「Bard」 は、Google AI によって開発された LLM です。テキストの生成、言語の翻訳、さまざまな種類のクリエイティブ コンテンツの作成など、さまざまなタスクに使用することができます。また、GPT-4 よりも正確な情報を生成できるという利点があります。ただし、まだ開発中であり、すべてのタスクを実行できるとは限りません。

「Bing」 は、Microsoft によって開発された検索エンジンです。テキストの検索、翻訳、さまざまな種類のクリエイティブ コンテンツの作成など、さまざまなタスクに使用することができます。また、GPT-4 や Bard よりも使いやすいという利点があります。ただし、すべてのタスクを実行できるとは限りません。

どの生成 AI が最適かは、特定のタスクによって異なります。テキストの生成や言語の翻訳が必要な場合は、GPT-4 または Bard が適している可能性があります。さまざまな種類のクリエイティブ コンテンツを作成したい場合は、GPT-4 または Bard が適している可能性があります。使いやすい検索エンジンを探している場合は、Bing が適している可能性があります。

生成系AIは、私たちの生活を大きく変える可能性を秘めています。今後の開発に期待です。

この記事の著者

ベストパートナー
記事一覧